超私的な被災地ガイド

http://and273pg.blog.fc2.com/

復興に必要なのは、被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
営業を再開した自営業のお店をハシゴしよう!

でも、具体的にどこに行けばいいの?

そこで、私の独断と偏見による超私的なガイドを作ってみました。

第1回
はじめに
http://and273pg.blog.fc2.com/blog-entry-1.html


Google Maps
被災地に行ってお金を使おうマップ
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=2178...


アフェリエイト等の類は一切やってません。
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください。




類似品
&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/

震災後に撮った写真と動画の記録です

類似品
安藤二七美のブログみたいな日記
http://and273blog.blog.fc2.com/

個人的な日記です

今回 2年6ヶ月目の日記のリンク集
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-774.html



--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2013年10月13日 日曜 07:30

六曜社 珈琲店

前回「珈琲神社 カフェG」の続き。
今回は、京都のお店です。

え?
東日本大震災の被災地に、京都が関係あるの?
……とか、思うかもだけど。

あるんです。
被災地に行くだけが「支援」じゃ、ないんです。


今回のお店、「六曜社 珈琲店」は京都市内。
河原町三条下ル。

ろくようしゃ・こーひーてん
かわらまち・さんじょう・くだる



通という文字を赤くしたほうがわかりやすいかも。
→ 河原町三条下ル

つまり、河原町通りと三条通りの交差点から、ちょっと下ったところです。

東西だったら、東入ル、西入ル、なんだけど。
南に向かう時は、下ル。
北に向かう時は、上ル。

なんで?
北に何があるの?

御所ですよ。
京都御所。

……というわけで。

六曜社珈琲店は、河原町通三条下ル。
そう聞いて、この地図が浮かぶようになれば、もう大丈夫。

この言い方に慣れれば、あなたも自信をもって京都を歩き回れます。
お一人様でも。

どうしても苦手でも大丈夫。
京都でその辺の人に聞けば、教えてもらえます。

(京都人は、不慣れな観光客には優しい)
(よそ者が移り住もうとすると、いろいろと手厳しいけど)


……というわけで。
お店に着くと、こんな感じです。



京都の人なら、見覚えがあるはず。

有名なお店だし。
河原町三条だし。



六曜社。
六曜社珈琲店。
六曜社コーヒー店。
六曜社地下店。

いろんな呼び方があるようなので、ひと通り、書いておきます。
(検索に引っかかりやすいように)



おっと!
ちょっと待った!

そこじゃないよ。

え?
六曜社でしょ?

いや、違う。
六曜社だけど、そこじゃない。

地下のお店です。



1階は、ネルドリップのブレンド。
地下店は自家焙煎の各国産ストレートを、ペーパードリップで。

……とか書くと、コーヒーが得意じゃない人には、意味不明かもだけど。

そうじゃないのよ。
この「超私的な被災地ガイド」で六曜社を取り上げる理由は、ドリップ方式じゃない。

なぜなら……

東日本大震災で被災した南三陸町志津川の、珈琲神社カフェG。
あのお店のいつものBGMは、安藤明子さんのアルバムCD「オレンジ色のスカート」。



バンビフォンレコード
品番BFRA-2
平成22年2月2日発売
¥2,100

そのうちの1曲「オレンジ色のスカート」は、このお店での様子を歌ったもの。
……というよりも、ここは安藤明子さんが勤めているお店なんです。



1回目は、震災直後の2011年8月。
そして、2回目は2011年11月。

震災後、2回も南三陸町志津川まで行って、珈琲神社カフェGでライブをしてくださった安藤明子さん。

目の前の海に沈んだ者たちの冥福
今も尚 沈んでいる者たちへの鎮魂
安藤明子さんの声が、歌が 僕にとって鎮魂であり、そして 計り知れない癒しだった
……と、カフェGのマスターの当時のブログに書いてあるよ。


支援とかボランティアは、報道されてるような美談ばかりじゃないです。

仕事がなくて困っていた人たちなのか、何なのか……
震災後、ボランティアでメシを食っていこうとする者が現れた。
被災地に居ついて帰らず、迷惑がられてる者もいる。
「ボランティアはお金になる」といった、ボランティア団体トップの言葉も聞きました。

そして、そういう連中を一生懸命に支援してしまってる人がいます。
今もがんばっちゃってるみたいです。
おそらく、善意のつもりで。

愉快な話じゃないけど。
でも、被災してないよそ者が何回か被災地に行けば、必ず聞こえてくる話。
そういう現実があることは知っておかないと。

で。
「被災地には行ってるけど、ボランティアじゃありません」
「ボランティア活動は、今は一切していません」
……と、私が機会あるごとに宣言してる理由は、そこなんだけど。

そういう残念な現実がある一方で、安藤明子さんの気持ちはしっかりと届いてます。

「オレンジ色のスカート」をじっくりと聞いてみる。
その上で、その舞台「六曜社珈琲店」にも行ってみる。

そして……
支援とは何か?
支援は今後、どうあるべきか?
自分はどうすればいいか?
……を、じっくりと考えてみる。

大切なワンステップだと思います。



だから、カフェGに行った時は、六曜社のマッチを渡しながら、こう言うわけです。

「行ってきましたよ」

「安藤さんは?」
「安藤明子さんは、いた?」

いませんでした。
……と言った時の、マスターの嬉しそうな顔、想像つきますか?
あの大きな笑い声が、聞こえてきますか?

あるいは……
マスターが見てないうちにこっそり、テーブルの灰皿の上にマッチを置いてくる。

そんな楽しみ方も、よろしいかと。


「志津川に行く時は、京都でマッチをもらってこよう」
……とか書くと、ちがう意味になってしまうし、六曜社の迷惑になるからやめましょう、なんだけど。

京都や大阪や、西日本から被災地に行く人も、まだまだ多いようです。
機会があれば、京都に立ち寄って、六曜社珈琲店にも。
そして、六曜社がどんな雰囲気のお店だったか、カフェGのマスターに話してみてください。

そして……
復興のために、被災してない私たちは何をすればいいか?
……を、これからも末長く、一緒に考えていきましょう。

あ。
安藤明子さんは、週に1回出勤するかどうかの、レアキャラみたいです。
(ライブやツアーの時は当然、いない)

私は今のところ、1勝3敗。
4回行って、1回しかお会いできてません。


●六曜社 珈琲店
京都市中京区河原町三条下ル大黒町36
なかぎょうく



安藤明子のホームページ
http://andoakiko.net/

珈琲神社三杯?(安藤明子さんのブログ 2011年08月05日)
http://and-wakame.seesaa.net/article/218469143.html
2011ねん 夏(安藤明子さんのブログ 2011年08月03日)
http://and-wakame.seesaa.net/article/218200568.html

恋する珈琲神社(カフェGマスターのブログ)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/
準備不足
(カフェGのマスターのブログ 2011年11月21日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/11/post_312e.html
安藤 明子 南三陸を想う
(カフェGのマスターのブログ 2011年11月16日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/11/post_fcaf.html
白やぎさん と 黒やぎさん
(カフェGのマスターのブログ 2011年8月10日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/08/post_6edf.html

(カフェGのマスターのブログ 2011年8月8日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/08/post_e879.html
10分52秒
(カフェGのマスターのブログ 2011年8月3日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/08/post_6b92.html
パソコンの故障?
(カフェGのマスターのブログ 2011年7月31日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/07/post_0aa2.html
オレンジ色のスカート
(カフェGのマスターのブログ 2011年7月28日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/07/post_f2cc.html
安藤 明子 が やってくる!
(カフェGのマスターのブログ 2011年7月26日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/07/post_14df.html
うれしい ニュース
(カフェGのマスターのブログ 2011年7月20日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/07/post_f9a0.html
うれしいことが ふた
(カフェGのマスターのブログ 2011年7月13日)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/g/2011/07/post_3cc4.html

LINEで送る Comment bottun
スポンサーサイト

2013年10月02日 水曜 04:52

珈琲神社 カフェG

南三陸ホテル観洋から、南に(海を左手に)歩いて約5分。

震災後に南三陸町を知った人達の間でも人気の有名店。
リピーター率が高く、石巻や仙台あたりから、わざわざコーヒー豆を買いに来る常連客も多数。

私も、京都や東京にいて、突然、高速道路に乗ると……
急に北に向かうと、LINE等で「今から南三陸町ですか?」と聞かれたりします。

ところが……
せっかく、すぐ近くの南三陸ホテル観洋に泊まっても、カフェGに行かないで帰ってくる人もいます。



便利になるとゆとりが増えるはずなのに、ネットチェックに追われてる人たちがいる。
私たちの生活は、本当に便利になったのだろうか?

今の人はネットチェックに追われて、ゆっくりと自然を見ない。
ちょっとでもいいから志津川湾を眺めて、ボーッとしたらどうでしょう。

……というお店です。

だから、無線LANは入ってません。
コンセント席もありません。

その代わりに、志津川産の食材を使った手作りにこだわってます。
そして、食事を食べ終わった頃にコーヒーが来ます。

同時に頼んでも、同時に持ってくるようなことはありません。
そのタイミングを大切にしているそうです。

当たり前と言えば、当たり前なんですけど。

例えば、ラーメンと餃子を一緒に持ってこられたら、麺はのびるし、餃子は冷める。
そこを軽く考えてるお店が多いですよね。

ただし……
混雑する時間帯、週末のランチタイムなどは、はずしたほうがよろしいかと。



震災直後のことも書いておくと……

私の初カフェGは、震災の2ヵ月後、2011年5月。
まだ、物資の活動をしていた頃です。

「私には、この店が残った」
「家も職場も流されてしまった人達を優先してください」
……と、物資を受け取らなかったんです。

そして、営業を再開してました。
限られた食材、限られたメニューで。

「あのマスターは物資を受け取らないよ」
「私たちも断られました」
……と、他のボランティアさん達からも、そんな話を聞きました。

あのマスターへの支援は、コーヒーを飲むことだ。
食事をすることだ。
……という、それが最初のきっかけだったんですけどね。

震災とか、復興とか、支援とか。
そういうのを抜きにしても、ここは絶対の自信をもっての、オススメNo.1です。


……というわけで。

ここでの3番目のおすすめメニューは、コーヒーです。
自家焙煎の豆は、3種類。

苦め:かみわり(神割崎)
すっきり:ひころ(ひころの里)
深煎り:たつがね(田束山、たつがねさん)

私はいつも、最初の1杯目は深煎り。
2杯目は、その時に他のお客さんが頼んだもの。

え?
絶対の自信をもってオススメするのに、コーヒーが3番目なの?
……と思っていただけたなら、このガイドは成功です。

2番目のオススメは、ソフトクリーム。



おいしいだけじゃない。
セルフです。
左足を前に出して、腰を入れないと「ダメ」らしいです。

子ども達は無条件に喜びます。

そして、一番のおすすめメニューは、マスターとの会話です。

【例】
カフェGは、どうしてGなんですか?

cafeg6

マスターが絶好調の時は、言ってることの80%以上がデタラメ。
……なんて言う人もいますけどね。

青くきれいに晴れ渡った志津川湾の眺めが、とにかく素晴らしい。



震災後に南三陸町に来たたくさんの人達を魅了した、ここからの眺め。
そして、このデッキのすぐ下まで来たという、志津川湾の津波の高さ。

想像してください。

晴れてる時の画像は載せません。
ぜひ、実際にご自分の目で。

穏やかに晴れてる時のきれいな景色だけを見て、いい所ですね、私も住みたいです、などと安易に言ってはいけない。
そこを痛感できる場所でもあります。

「いつ行っても曇ってる」とか、「晴れてたことがない」とか言う人もいますけど。
さて、あなたは?

cafeg5

珈琲神社の参拝記念。
お持ち帰り用のコーヒー豆も、3種類です。

「焙煎しました」とかブログにかけば、たちまち、全国から注文が来て売り切れるはず。
……と、いろいろなお客さん達に言われてるみたいですけど。

「そんなことしたら、忙しくなる」
……とか何とか。

あくまでも、参拝記念。
お店に来た時の、お持ち帰り用です。

あ。
これも手作り、手作業です。
マスターのブログで「内職」とか「ナイショク」と書いてあったら、これのこと。

手作業での少量生産だし、たくさんの人が欲しがる人気商品だし。
仮設住宅やみなし仮設で耐えてる地元の皆さんの中にも、これを楽しみにしてる人達がいる。
私たちヨソ者が大量に買い占めてしまうのは、いかがなものかと。
……と、個人的には思ってますけど。

やっぱり、見かけたら買い占めたい?


恋する珈琲神社(マスターのブログ)
http://cafe-g.blog.ocn.ne.jp/

11時頃~19時
月曜定休、火曜も隔週休
南三陸町志津川黒崎39-1

LINEで送る Comment bottun

2013年10月02日 水曜 02:23

味 太助 本店

東北の玄関口、仙台。
被災地に行く人の多くは、まず最初に仙台に着くと思います。

ところが、仙台を通過点と考える人が多い。
それで、第1回は、太助にしました。

味 太助
http://www.aji-tasuke.co.jp/


忘れられがちですが、仙台も被災したんです。

「南三陸町や田野畑村に比べれば、たいしたことない」
……それは、仙台の人が言うこと。

被災してない私たちが、「あなた達はたいしたことなかったですね」と言うのは、違うと思います。

味 太助
あじ たすけ

言わずと知れた有名店。
牛タン発祥の店、ここが元祖です。

tasuke01


東日本大震災は、2011年3月11日。
震災後の太助に私が初めて行ったのは、翌月 4月8日でした。

tasuke02

節電のために、日没までの営業。

節水のために、お弁当の容器を使って。
ガスが復旧してなかったから、テールスープは無し。
(お湯が沸かせない)

できない理由を並べるのは簡単だけど。
どうすればできるかを考えて、今できる範囲で一歩ずつ。

ちなみに……
この日の時点では、「あと数日でガスが復旧する」と言ってましたけど。
予定日の直前に、また大きな余震があって延期になったとか、聞きました。


この翌月。
2011年5月3日に行った時は、震災前と同じ形に戻っていました。

tasuke03

これだけを見ると、「翌月には元通りになった」と、思ってしまうかもしれない。
でも、客には言えない苦労も、たくさんあったことと思います。

ふらりと来た一見の観光客が、その辺について根掘り葉掘り質問するのは、どうかと思いますけど。


仙台と言えば、牛タン。
仙台に行ったことがない人でも、仙台と言えば牛タンなのは、知っている。
その元祖のお店が、味 太助。

そもそも、牛の内臓と同じで、日本には牛タンを食べる習慣もなかった。
ところが、戦後の食料難でどうにも困って、試しに牛の舌をスライスして食べてみた。
それが、太助の創始者。

扱い方や切り方、隠し包丁の入れ方なんかで、味は大きく変わる。
かなりの試行錯誤の末に、その技が受け継がれていて。
創始者の息子が継いだ店、一番弟子が継いだ店、兄弟だか親戚だかが継いだ店、創始者に心酔した客が始めた店、などなど。
本家だけでなく、いろんな分家がいろんな名前で開業していて、いずれも有名な人気店だそうです。

仙台と言えば、牛タン。
仙台でいろいろな牛タンを味わう第一歩は、元祖、太助の本店。
ここはオススメです。

味 太助
http://www.aji-tasuke.co.jp/

仙台市青葉区一番町4-4-13
火曜定休

LINEで送る Comment bottun

2013年08月24日 土曜 05:43

はじめに

東京でようやく給油ができるようになって、(趣味が高じて所有していた)クレーン付き積載車で被災地に行き始めたのは、東日本大震災の翌月、4月になってからでした。
その頃に書いていたのは「被災地直送便」でした。

被災地直送便
http://and273.blog55.fc2.com/


これは、もう更新しません。
でも、震災直後の記録として、そのまま残しています。

その後、物資の活動や無償奉仕のボランティア活動は一切しません!と宣言。

被災地に行っても本当に何もせず、くっだらないバカ話をして笑い転げたり、美味しいものをお腹いっぱい食べて、帰る……だけ。
そんな日々が続いています。

それでも、牡鹿半島から八戸までの、ほぼ全漁港の撮影シリーズは、半年おきに続けています。



そんな時に始めたのが「&津波 アーカイブズ」です。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


私が被災各地で撮った写真や動画を、私の死後も残すには?
……と考えて始めました。

これを書いてる2013年8月現在、まだ2011年8月です。
でも、現在も進行中です。
これからも少しずつ進めていきます。

それから、被災各地で撮った動画は、YouTubeで公開しています。
膨大な量なので、地域別に整理したWebページもあります。

安藤二七美チャンネル(YouTube)
http://www.youtube.com/user/and273jp/

YouTubeにアップロードした動画(地域別)
http://www.geocities.jp/and_273/youtube/


ところが……
半年おきの車載動画シリーズ(YouTubeへのアップロード)は、まだ今年の3月11日のスタート直後、石巻だし。
アーカイブズに至っては、まだ2011年の8月だし。

被災地に行くばっかりで、写真や動画の整理が追いついていません。
放浪癖がある私は、デスクワークが苦手なようです。

そんな状態なのに、今度は「超私的な被災地ガイド」を始めることにしました。


根っこの部分は同じです。

ネット上にアップロードしたデータは、私の死後も残る。
そして、ボランティア活動などで行った被災地の、その後が気になってる人達がいる。
いろいろな事情があって、故郷に帰れない人達もいる。

それがわかってるなら、YouTubeもアーカイブズも、サボってないでどんどん更新しろよ!
……とか言われそうですけど。

それらは、ある時点での写真や動画を記録として残すもの。

その一方では、これから初めて被災地に行く、という人達もいます。

被災地に行ってお金を使うことの大切さは、よくわかる。
だけど、広大な被災地の、どこに行けばいいのか?
自分も何かしなくちゃ!とは思うけど、友達も知り合いもいなくて、まったくアテがない。
……という人達もいます。

そこで、私の独断と偏見で、超私的な被災地ガイドを作ってみよう!
o(^▽^)o
……と考えました。


東京や関東から、だけではありません。
震災から2年6ヶ月になる今でも、関西や西日本、四国や九州から、被災地に「お金を使いに行く」という人たちがいます。

正直、関東の人たちとの温度差を感じます。
阪神大震災や豪雨災害を経験してるから、かもしれません。

「真剣に話したのに、私の実名を使って、全然ちがう話に変えて報道された」
「それで周りの人間に誤解された」
「くやしくて眠れなかった」
「東北でも、私と同じ思いをしてる人がいるかも」

大阪では一昨年、そんなお話もうかがいました。

被災地では「風化」を心配している人達がいます。
「風評」に困ってる人達もいます。
その一方では、まだまだ、これから被災地に行こうとしてる人達もいます。

もし、被災された方がこれを見ていたら、もうすぐ忘れられるとか、見捨てられるとか、勝手に思わないでくださいね。



大事なのは、忘れないこと。
関心を持ち続けること。
科学的な根拠に基づいた、正しい知識を身につけること。

そして、被災地に行ったら、でっきるだけたくさんのお金を使うこと。

全国チェーンの利益は、東京(本店所在地)に行ってしまいます。
でも、地元の自営業のお店の利益は、その市町村の税収になります。
あなたが使ったお金が、被災した地域で回り続けます。

また、物販店なら通販もできますが、飲食店はそうはいきません。
特に、魚介類の新鮮さと、その新鮮さを前提にした調理方法や味付けは、現地に行くしかありません。



合言葉は「胃袋なら貸すぜ!」
ノルマは1日3食、3人分ずつ?

あなたが心から楽しめば、そんなあなたを見たお子さんも、将来、家族や子供を連れて行くかもしれません。





高度成長期に40年以上かけて造り上げてきた町や港が、今の少子高齢化と低成長の中、5年や10年で復興できるわけがありません。

その一方で、京都や鎌倉や江戸で作られた歴史の教科書にはほとんど載ってないけど、縄文時代から人々が暮らしてきた地域です。
知れば知るほど、興味深いことが次から次へと出てきます。



1人でも多くの人に、数十年レベルで末長く関心を持ち続けていただけますように。
そして、実際に「観光に」行っていただけますように。
(-人-)

このガイドでは、被災してないよそ者の目線から紹介していきます。
絶対の自信をもってオススメできるところだけを、食べ物に偏らないように心がけつつ……









「きっかけは震災の復興支援だったけど、今はこの町が大好きで、遊びに来ています」
……と言う人が1人でも現れたら、このガイドは大成功です。



【注意】
アカウント名に入ってる pg は、プライベート・ガイドです。
タイトルにもある通り、私の独断と偏見による、超私的なガイドです。
この点、どうかご留意ください。



それから、このガイドを見て実際に行ってみて、困ったことが起きたら、いつでも LINE ください。
ID検索で and_273 です。

必ず助けます、とは約束できないけど、一緒に悩みましょう。

LINEで送る Comment bottun
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七美

Author:安藤二七美
安藤は&、二七美は津波、東北地方太平洋沖地震「&津波」。
ドルやユーロで稼いでは牡鹿、雄勝、十三浜、南三陸、気仙沼に行って、今は何もしないでごはんだけ食べてます。
困ってる人への支援は行政の仕事。必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。つまり、経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。
→ 被災地に行ってお金を使おう!

Contact

3KB
and_273
 

微信 WeChat
and_273
 

QQ
and_273
 

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK

最新30

地域別

その他 2件
仙台 1件
松島 0件
石巻〜渡波 0件
牡鹿半島 0件
女川〜雄勝 0件
河北〜北上 0件
南三陸町 1件
登米市 0件
古川〜鳴子 0件
平泉 0件
気仙沼 0件
唐桑半島 0件
大船渡市 0件
釜石市 0件
大槌町 0件
山田町 0件
宮古市 0件
岩泉町 0件
田野畑村 0件
普代村 0件
野田村 0件
久慈市 0件
洋野町 0件
階上〜八戸 0件
秋田県 0件

ガイド内 検索

更新通知

3KB
Tsunami Andoh


rss

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。